サロンみぎわ(コンサート)

もっとわくわくするような音楽を!サロンみぎわのミニコンサート

<中止のお知らせ> 2020/11/7(土)15:00 ピアノカルテット

大事をとり今回は中止となりました。ご案内が遅れて申し訳ありません。
新たなコンサートプランも水面下で進行中です。
決まりましたらご案内致しますので、どうぞお楽しみに!

あのピアニストの音をCDで

TANZ IM TRAUM ~夢の中で~

当サロンで心に沁み込むすばらしい演奏を披露してくれた南部由貴さんのファーストCDがリリースされました。

ラフマニノフアレンジのクライスラー、ブラームスなど、コンサートの際演奏された曲に加え、フォーレ、プーランク、バーバーなど、由貴さんらしいチョイス。
締めくくりのクープラン『Les Barricades Mysterieux』もとても素敵です。
音の世界に遊びたい方、まずは彼女のHPの音源で試聴してみてください。気に入ったらぜひCDで!丁寧な音作りに魅了されること請け合いです。

https://www.yuki-nambu.com/audio

2020/2/22(土)15:00 ヨーロッパ音の旅~冬から春へ~Vn.井阪美恵・Pf.山本まゆ子

いろいろと雑音が多い昨今でしたが、憂いをすべて忘れるような、心に沁み込む演奏でした。そのあとの自由参加の歓談タイムも、演奏者さんを囲んで話が尽きず・・
次のようなご感想をあとでお寄せくださったお客様がいました。

「間近で聴くヴァイオリンの音色が素晴らしく、あのようなふくよかな優しい高音を聴くのは初めてでした。井坂さん、とても才能豊かな方で驚きました。 山本さんのピアノも井坂さんの音をしっかりサポートするすばらしい演奏でした。
また、そのあとの懇親会での美味しいお料理、ごちそうさまでした。 あのように音楽家の方と楽しくおしゃべりしながらお料理を頂く機会は初めてでした」

井阪さんはこの日を最後に産休に入りますが、復帰後が待ち遠しい!との声しきり。

プログラムは以下でした。
・モーツァルト ソナタK301
・ベートーヴェン ロマンスヘ長調
・シューマン 曲目未定
   ===
・シベリウス ノヴェレッテ
・シベリウス 思い出
・グリーグ ソナタ第3番


井阪美恵さん
山本まゆ子さん

​井阪美恵
桐朋女子高校音楽科を経て桐朋学園大学在学中に渡仏。パリ国立地方音楽院最高課程を卒業。2010年より5年半に亘りピエール・アモイヤル氏のもとで研鑽を積む。ローザンヌ高等音楽院学士課程ヴァイオリン科を満場一致の首席、最高位を得て卒業。同音楽院より エクセレント・リサイタル賞を受賞。その後、国立ザルツブルク・モーツァルテウム大学大学院で学び、在学中はモーツァルテウム管弦楽団の客演奏者として定期演奏会などに出演。2016年に同大学修士課程を満場一致の最優秀で修了。
2008年ヴァトロ=ランパルコンクール(パリ)にて第1位及び審査員特別賞。第21回ブラームス国際音楽コンクール(オーストリア)室内楽部門、第3回トルン国際ヴァイオリンコンクール(ポーランド)セミファイナリスト。フランス、スイスを中心に、数多くの演奏会やフェスティバルに出演。
帰国後は『ブラームス ヴァイオリンソナタ全曲演奏会』、『バッハ 無伴奏ソナタとパルティータ全曲演奏会』などのリサイタル、コンチェルトのソリストを務めるなどソロに加え、いずみシンフォニエッタ大阪のメンバーとして『ウィーン・ムジークフェスト2017 Vol.3』に出演するなど、オーケストラ、室内楽など年間約100公演に及ぶコンサートや収録に出演している。

ウェブサイト http://www.mieisaka.com/

山本まゆ子  
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。成績優秀者として卒業演奏会、Student’s Concert、ピアノ科卒業演奏会等に選抜され演奏。ハノーファー音楽大学修士課程修了後、同大学のソリスト課程(Soloklasse)修了。 ドイツ国家演奏家資格を取得。 第3回マリア・ヘレーロ国際ピアノコンクールファイナリスト。第2回イスキア国際ピアノコンクール第4位。 第23回イブラ国際音楽コンクール第3位、合わせてスクリャビン特別賞受賞。 第14回ドン・ヴィンセンツォ・ヴィッティ国際音楽コンクール第2位。 イタリア、ポジターノにてケンプ財団によるベートーヴェン・マスタークラスに選抜され、ディプロマを取得。 第23回イブラ国際コンクール入賞記念アメリカコンサートツアーにて、ヴァージニア、アーカンソー、ニューヨーク各都市で演奏。 ニューヨークではカーネギーホールにて演奏し、「魅力的で表現豊かであるとともに、構築力のある演奏。音楽的センスにあふれている」 (Sound Ward Site)と好評を得る。新日本フィルハーモニー交響楽団との共演をはじめ、さいたま芸術劇場にて大宮シンフォニーオーケストラと ベートーヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」を共演。 これまでにピアノを渡邉康雄、ウィリアム・ランソム、本村久子、竹内啓子、ベルント・ゲツケ各氏に師事。

2019年9/23(月・祝)16:00 夏の終わりのサキソフォン

Ending summer with Sachs and Piano
エキサイティングな演奏が大好評の若手演奏家シリーズ。
サロンみぎわでも度々演奏、『百万人のクラシック』を通じて素晴らしい演奏者を発掘してきた山路さんが、今回は大活躍中のサックスの田中拓也さんを誘って登場します!ぜひお聴き逃しなく!お申し込みはこちらから↓
http://salon-migiwa.com/application/
チケット2,800円(学生1,500円) 手作りお菓子とお飲み物付。終演後には演奏者さんとの歓談タイムあり(ご希望者のみ。軽食と飲み物を準備します)

田中 拓也(サックス)
東京藝術大学音楽学部および同大学院修了。第25回日本管打楽器コンクール第1位、並びに特別大賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞を受賞。 第3回ジャン=マリー・ロンデックス国際サクソフォンコンクールセミファイナリスト。第6回アドルフサックス国際コンクール入賞。優秀学生顕彰事業大賞受賞。第81回読売新人演奏会、第8回日本サクソフォン協会新人演奏会出演。東京藝術大学在学中アカンサス賞受賞。梅田俊明指揮日本フィルハーモニー交響楽団にソリストとして共演。 サクソフォン初の「紀尾井ニューアーティスト・シリーズ」に出演。題名のない音楽会、NHKFM「名曲リサイタル」、NHK BS「クラシック倶楽部」等テレビや雑誌、ラジオに出演。 また、ジャズプレイヤーとの共演も多数。  

山路 昌平(ピアノ)
東京都立芸術高校ピアノ科を経て洗足学園音楽大学ピアノコース卒業。 佐竹美知子、本多昌子、関根由喜江、杉本安子、山本光世の各氏に師事。 日本ピアノ教育連盟主催第22,23回ピアノオーディション奨励賞。 社団法人日本ピアノ調律師協会第11回新人演奏会にて東京文化会館小ホールで演奏。 現在ピアノ教室「ソナーレの会」で指導。横浜こども専門学校非常勤講師。 100万人のクラシックライブ公認演奏家。
コンサート予定 https://ameblo.jp/9314yamajisyouhei/


田中さん(S)
山路さん(P)

2019年6/30(日)15:00 ピアノ/サックスデュオ あのかけがえのない時をもう一度

ピアニストの藤本剛さんが、気鋭のサックス奏者、木村有沙さんと心に残る素敵な曲をセレクトして聴かせてくれます。しっとりした雨模様の日々には、少し切ない昔の想い出がよみがえるもの。心に寄り添う演奏をお楽しみに!

チケット代は2,500円(大学生以下1,500円)茶菓付。
主な曲目(曲目は変更されることがあります)
前半
・愛の挨拶
・美女と野獣メドレー
・スカラムーシュ

後半
・ カーペンターズ:青春の輝き
・ ドヴォルザーク:家路
・ピアソラ:アディオスニーノ
・クララ・シューマン:3つのロマンス
・シューマン:献呈 リスト:メフィスト・ワルツ
お問合せ、お申し込みは
http://salon-migiwa.com/application/
または090-1736-9165まで

出演者から♬
日曜の午後、お子さんからおとなまで楽しめるプログラムにしてみました。
前半はお子さんも知っている曲を中心に、後半はおとなたちの青春時代の喜び、切なさがこみあげてくるような名曲たちです。
後半で取り上げるシューマンはクララとの結婚に際し、クララの父から何とも汚いやり方で大反対を受けていました。ようやく成就した結婚の喜びを歌った『献呈』、女流作曲家クララのロマンス、同時代に親交があったリストの作品を中心にお送りします。

そして今回は珍しいサックスとピアノのデュオです。サックスは発明されてから180年ほどしか経っておらず、まだクラシックのコンサートで取り上げられる機会が多くない楽器です。 しかし今、世界中のサックス奏者達が、どんな音が出るか、どうしたら魅力な演奏ができるかと試行錯誤をしている無限の可能性を持った楽器でもあります。今回はそんなサックスとピアノの様々な色合いの音楽に乗せて、音楽の魅力をお伝えしたいと思っています。


2019年4月20日(土)15:00 ヴァイオリン・チェロ・ピアノ三重奏

9月の初コンサート、12月のチェロライブの大好評に応えて、身震いするような室内楽アンサンブルがまた新たなプログラムをひっさげて登場してくれます!

プログラム
ブラームス  :スケルツォ
サン=サーンス   :白鳥
シューマン  :アダージョとアレグロ
ブラームス  ピアノ三重奏曲第1番

クラシックファンでなくても振り向かせてしまう迫力と音色の美しさ。
逗子のもっとも美しい季節にぴったりの選曲で、日々の忙しさを忘れるひとときとなりそうです。

最大の魅力は至近距離で見られる演奏者のパフォーマンスと、高い天井から降ってくるような美しい音色。癒される、と皆さんとても喜んでくださいます。

はじめてのかたも、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
個人宅のため、正確な住所と道順は、ご連絡をくださった方に直接ご案内致します。

ヴァイオリン 堀脩史
チェロ 橋本專史
ピアノ 山路昌平

チケットは3,000円(学生2,000円)

・お申し込み・お問合せはこちらから

チェロ 橋本さん

ピアノ 山路さん

ヴァイオリン 堀さん

2019/3/16(水) 15:00ヴァイオリン・ピアノデュオ

エキサイティングクラシック・シリーズ ヴァイオリン/ピアノデュオ。
大阪フィルコンマスの須山さんが、お気に入りの室内楽曲を携え、再来演! 繊細さとダイナミックさを併せ持つ、いま旬のヴァイオリニストの演奏を間近で聴けるチャンスをお見逃しなく! デュオパートナーは、今回初登場の中野友裕さん。お楽しみに!

曲目
シューマン: 幻想曲(クライスラー編)
マスネ:タイスの瞑想曲、ニューシネマパラダイスメドレー等、ヴァイオリンならではの美しい小品集

チケットは3,000円(学生2,000円)
ご連絡先は090-2629-9344または
・お申し込み・お問合せはこちらから

2019/2/23(土) 冬、篠笛が流れるとき

30人を超すお客様が、篠笛の音色と絶妙のアンサンブルに夢中になりました。

曲目一覧をご希望の方、メールにてお伝えします。
サロンサイトにてお問合せください。

お申し込み・お問合せはこちらから