サロンみぎわ(コンサート)

もっとわくわくするような音楽を!サロンみぎわのミニコンサート

12/5(土)15:00 冬色広場のコンサート~クリスマスによせて

今年のクリスマスは、暖炉の横で、大きなクリスマスツリーを眺めながらしっとりと、と思っている方、そんな気持ちにぴったりのコンサートです!

いつもすてきなアンサンブルを聞かせてくれる、豊かで美しいソプラノの河原真実さんと、ダイナミックで歌心があふれるピアノでひきつける脇田崚太郎さんが、この時期ならではのクリスマスナンバーを、絶妙のアレンジで。

曲目が決まりました!

Winter Avenue Concert
〜冬色広場のコンサート〜

第1部
Ave Maria(アヴェマリア)
Solvejg’s Song(冬は行きて)
O lieb(愛せよ)

Ding Dong Merrily on high(鐘鳴り渡り)
El cant dels Aucells(鳥の歌)
What child is this?(御使の讃え歌う)
O holy night(聖らに星澄む今宵)

荒野の果てに
聖しこの夜

第2部
クリスマスピアノメドレー

White Christmas(ホワイトクリスマス)
The Christmas Song (クリスマスソング)
When Christmas comes to town(クリスマスが街にやってくると)
Mid winter(真冬)
Nöel d’Aubervilliers (オーベルビリエのクリスマス)

オペラ「ラ・ボエーム」より
Si,Mi chiamano Mimi(私の名はミミ)
Donde lieta uscì al tuo grido d’amore(あなたの呼び声に)

Time to say good bye(タイム トゥー セイ グッバイ)
Happy Christmas(ハッピークリスマス)

・お申し込み・お問合せはこちらから

初冬のよきときをご一緒に。お待ちしています!

 

 

ソプラノ 河原真実さん

ソプラノ 河原真実さん

ピアノ 脇田崚多郎さん

ピアノ 脇田崚多郎さん

7/11 満員御礼

今週土曜日の村山二朗さんと加藤さんの篠笛とピアノのデュオコンサート、満員御礼となりました。

皆さん週末の見通しがつきだしたのか、先週後半から急速なお引き合い。
ありがとうございます。

行こうかな・・と思っていらした方、ごめんなさい!
きっと次回もある・・と信じたい館主です。ぜひそのときには。

今回は初のクラシックナンバーも。
フォーレのシシリエンヌが予定されています。
通常の西洋楽器を上回るマッチングが、今から楽しみですね。

次世代のオペラを担う加藤さん、Bravo!

今春の森朋子さん、矢崎貴子さんとの共演で、サロンをオペラシアターに変えてしまった魅力の持ち主、
加藤 史幸さん。

二期会その他でのご活躍もすごい・・と思っていたら、これはまた快進撃!

次世代の日本オペラ界を担う人材発掘を目指して行われる、国内有数の声楽コンクール「日伊声楽コンコルソ」にて、
なんと優勝の栄誉に輝かれました!
おめでとうございます!

美しい声質と、何ともチャーミングなステージングが、
見る人の目をくぎ付けにしてしまう、加藤さん。

今後のご活躍をお祈りすると共に、
たくさんのファンと共に、みぎわでの再演を熱望、です。
次なるご登場の機会を楽しみにしつつ。

 

 

4月のコンサートでの熱唱

4月のコンサートでの熱唱

 

 

7月11日(土)15:00 夏、篠笛の流れるとき~村山二朗LIVE

加藤実さん(二朗さん)二朗さんファンの方、お待たせしました!
今年もあの篠笛の音色が、サロンに響きます。

村山二朗さん

村山二朗さん

今回は、サロンの古いピアノを使って、ピアニストとのデュオという新企画。
ピアニストの加藤さんは、演奏活動の傍ら楽曲の提供も幅広く行っている、多彩な音楽ヴァリエーションをお持ちの方。
二朗さんとのアンサンブルで、どんな響きが創り出されるのか、今からほんとうに楽しみです!

演奏曲目はオリジナル曲を中心に、洗練されたアレンジによる唱歌、民謡、ジャズ、そしてクラシックの曲にも挑戦!?。

いろいろなジャンルのリズムとメロディを篠笛&ピアノのハーモニーでお楽しみください

まだ『篠笛体験』をしていらっしゃらない方、ぜひ一度お越しください。
古来からの日本の音と、雄大なアジアの音、そして宇宙空間を感じさせるような音が、二朗さんという稀有の吹き手を得て、私たちの心に響きます。

どうぞお楽しみに!

チケット 3,000円(茶菓付)

・お申し込み・お問合せはこちらから

村山二朗(篠笛)
むらやま じろう:1968年に横浜に生まれる。
`89年に和太鼓集団「鼓童」のメンバーとしてプロデビュー。
`91年に縄文・自然・祭をテーマにした自己バンド「レブンカムイ」を結成、和洋
楽器混成ユニットのパイオニア。ホールやライブハウスはもとより、ジャズフェ
スティバル、太鼓フェスティバル、神社仏閣、ギャラリー、 酒蔵、学校公演など
様々な空間で演奏を展開。多彩な音色の曲作りに定評があり、これまでにアルバム
「沙也可-SAYAKA-」(MIDIレコード)を含む6枚のCDアルバムを発表。
また、奏者としての主な舞台として、木の実ナナ主演ミュージカル「阿国」、
阿木燿子プロデュース「フラメンコ曽根崎心中」、和太鼓公演「東京打撃団」など
の他、海外26カ国で篠笛の魅力を紹介。著書に「イラストで見る篠笛ワークショ
ップ」「日本の祭 笛・太鼓名曲集」(音楽之友社刊)がある。
[村山二朗ホームぺージ]http://lebunkamuy.com
加藤 実(ピアノ)
かとう みのる:1962年に東京に生まれる。
 3歳よりピアノを弾き始め、1981年よりピアニスト・キーボーディストとして活動を開始
する。様々なジャンルのアーティストをサポートし、来生たかお、 松山千春、庄野真代、など
数多くのコンサートツア ーやレコーディングに参加している。またアーティストへ楽曲の提供、
CMの音楽制作、アニ メ音楽の作曲・編曲も手掛けている。
 現在では Super3 DA・PINCH 鼎人(ディンレン)MATO Trio The Trip 等のユニットでCD制作、
ライブ演奏を行う傍ら庄野真代主催の音楽を通じて人々の平和を願うNPO法 人『国境なき楽団』
http://www.gakudan.or.jp/ に も参加するなど、多方面で活躍している
加藤実さん(二朗さん)

 

4/25(土)15:00 『卯月のアフタヌーンコンサート』

春にぴったりのコンサートが決定!
イタリアからの凱旋帰国コンサートが、二期会の二月公演という華々しさ!
噂のバリトン、加藤史幸さんが、みぎわでもおなじみのチャーミングなソプラノ、森朋子さんからの熱烈コールに応えて登場です。

自在の演目の中から、オペラアリアや日本の歌曲、そしてみぎわ初のミニオペラという、お楽しみ間違いなしのラインナップ!
久しぶりにコンサートで春を迎えたい・・そんな思いでいらっしゃる方、どうぞお越しください。

ソプラノ:森朋子

バリトン:加藤史幸

ピアノ:矢崎貴子

 

【前半】

◎ 「魔笛」より“パパパの二重唱” 作曲:W.A.Mozart (1756-1791) (森・加藤)

◎ 「ファルスタッフ」よりアリア   作曲:G.Verdi (1813-1901)(加藤)

◎ みみずく              作曲:中田喜直 (1923-2000)(加藤)

◎「日本のおもちゃうた」より     作曲:中田喜直 (1923-2000)(森)

・ あねさま人形・海ほうずきと少年・ お祭りはどこ・ 紙風船

◎「メリー・ウィドー」メドレー     作曲:F.Lehar  (1870-1948)

・ダニロ登場の歌 (加藤) ・まぬけな兵隊(森・加藤) ・ワルツ (森・加藤)

 

【後半】

「電話」(テレフォン )~1幕のオペラ・ブッファ~   作曲:G.C.Menotti (1911-2007)

■登場人物

Lucy (ルーシー)・・・森朋子 Ben (ベン)   ・・・加藤史幸

出張を控えたベンは、発つ前にルーシーにプロポーズをしようとやって来る。しかし彼女は電話に夢中!

ベンは辛抱強く待つが、次から次へと鳴る電話に、大事な話を切り出すことができない。

ルーシーは永遠におしゃべりを楽しんでいる様子。遂にベンは、最後の手段として外に飛び出すが・・・プロポーズは成功するのか!?そして二人にとって一番大切なものは・・・

おとな2,500円、高校生以下1,500円(茶菓付)

・お申し込み・お問合せはこちらから

 

<プロフィール>

■ 森 朋子 (ソプラノ)

東京音楽大学大学院オペラ研究領域終了。二期会オペラ研修所53期マスタークラス終了。在学中、奨学生としてザルツブルクへ短期留学。

近年オペラでは「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ、「ポッペアの戴冠」小姓、「あまんじゃくとうりこひめ」うりこひめ等で出演。

また加賀清孝作曲のオリジナルオペレッタに、初演を含め多数出演している。

室内楽では2013年、音楽物語「蜘蛛の糸」に取組み作曲者の木下牧子氏から高い評価を得た。

第一回ウィーンオペレッタコンクール3位。歌工房Bon-Voyage旗揚げメンバー。二期会準会員。

■加藤 史幸(KATO FUMIYUKI) バリトン

東京音楽大学大学院声楽科独唱領域修了。二期会オペラ研修所48期マスタークラス修了。第50回日伊声楽コンコルソ入選。声楽を高橋啓三、マルツィオ・ジョッシの諸氏に学ぶ。

ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生として渡伊、研鑽を積む。「ファルスタッフ」フォード「ラ・ボエーム」マルチェッロ、「蝶々夫人」シャープレス、「フォーレのレクイエム」「カルミナ・ブラーナ」等をレパートリーにしている。二期会会員。

■矢崎 貴子(YAZAKI TAKAKO)

ピアノ
桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学音楽部卒。同研究科修了後、嘱託演奏員として勤務。
大学主催公演「コジ・ファン・トゥッテ」のチェンバロを担当。現在、二期会研修所ピアノ研究員。

10/13(月・祝)15:00 秋風通りのコンサート

昨春、スケールの大きな歌唱とピアノで、みんなの心を揺さぶったあのデュオ。

プロとして大活躍中のお二人のスケジュールの合間をぬって、ようやく再演が決定しました!

ソプラノ 河原 真実さん
ピアノ 脇田 崚太郎さん

Autumn Avenue Concert
~秋色並木のコンサート~

演奏予定曲目(抜粋)

山田耕筰曲集より
・からたちの花
・この道

中田喜直曲集より
・ピアニッシモの秋
・小さい秋

大正浪漫曲集(一部メドレー)
・宵待草
・星の世界

オペラ「蝶々夫人」より
・ある晴れた日

休憩

脇田さんソロによるミュージカルメドレー

ミュージカル
・welcome to the theater
・私のお気に入り
・ムーンリバー

武満徹曲集より
・めぐりあい
・燃える秋
・死んだ男の残したものは
・小さな空

童謡、唱歌メドレー
・ふるさと
・赤とんぼ
・朧月夜

曲目は都合により変更することがあります。

チケットはおとな2,500円、高校生以下1,500円 おいしい手作りお菓子とお茶付です。

・お申し込み・お問合せはこちらから

 

<出演者紹介>

河原真実 Mami Kawahara(ソプラノ)
桐朋学園大学音楽学部演奏学科声楽専攻卒業、同大学研究科3年修了。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。
横浜音楽協会「新人演奏会」、桐朋学園大学「声楽コンサー ト」「日本歌曲の夕べ」、サントリーホール「レインボウ21サントリーホールデビューコンサート」、その他学校や公民館、教会、ホール、刑務所などでのコンサートにソロやアンサンブルで多数出演。特にトークを交えたガラコンサートや教会での讃美コンサートを中心に演奏活動を行っている。第84回戸塚クラシックコンサートオーディション合格、横浜国際音楽コンクール声楽部門一般の部第3位(1位無し)ルーマニア国際音楽コンクール入選、山手の丘音楽コンクール入選。三塚至、三塚直美、後藤寿子、木村俊光、各氏に師事。アンサンブルグループ”レガーロ東京”、讃美グループ“オリーブのメンバー。

脇田崚太郎 Ryotaro Wakita (ピアノ)
東京学芸大学教育学部音楽家作曲専攻卒業。現在合唱団、オーケストラなどを指導する傍ら、ミュージカルや劇音楽の作曲・編曲も幅広く手掛てている。とくにミュージカル「森は生きている」の最新版では作曲に加え音楽監督も担当、上演団体や観衆から大好評を得ている。ピアニストとしても活動の幅は広く、クラシックからシャンソンまで、ジャンルを問わず音楽の魅力を伝えることのできる稀有なアーティストとして活躍中。全国各地の学校、教育機関からの招聘も多い。
これまでに作曲を鈴木邦枝、川崎美保、江口文子、岩崎文紀、山内雅弘の各氏に、指揮法を山本訓久氏、合唱指揮を小濱明氏、ピアノを吉田慶子、椎野伸一氏に師事。

9/28(日)16:00 優雅な月夜~トリオ・コンサート 月にちなんだすてきな曲を!

お待たせしました!3年前から毎年サロンみぎわで大好評、 フルート、ヴィオラ、ピアノのトリオの、今年のコンサートが決定しました。 フルートの吉崎奈生子さん、ヴィオラの武井麻里子さん、ピアノの久安麻悠さんのファンの方、予定表にご記入を!16:00開始というおとなの時間帯。 今回は月の美しい時期にシンクロして、月にちなんだ、とっておきの曲をピックアップしてくれました。 乞ご期待です。

曲目

・メンデルスゾーン / ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 Op.49より ・ゴーベール / 3つの水彩画より ・ベッリーニ / 優雅な月よ ・ 岡野貞一 (編曲 安田芙充央)/ 朧月夜によるポエム ・ ハロルド・アーレン(編曲 安田芙充央)/虹の彼方に

(曲目は変更される場合があります。ご了承ください)

チケットは、おとな2,500円、高校生以下1,500円。手作りのお茶菓子付きで、まったりと。

こどももいっしょにすてきな時間!ミニコンサートは大成功!

11月2日の『こどもといっしょにコンサート!』
音の好きなこどもは誰でもウェルカム、の新企画。

運動会状態になっちゃうかなあ、と、多少心配していましたが、

杞憂でした!

下は1才から、上は小学3年生まで、どのこどもも驚くほどの集中力で1時間聴いてくれ、
嬉しいびっくり。

DSCN2682

若いピアニストさん2人が工夫して、とてもいいプログラムを準備してきてくれました。

最初はジブリメドレーやサウンド・オブ・ミュージックなど、こどもがよく知っている曲を、ダイナミックな連弾で。
こどもが飽きてくるタイミングで、『動物の謝肉祭』を、ナショナルジオグラフィックのイキイキとした動物映像と一緒に。
ライオンの動きに合わせて、がおーと可愛く吠えたり、体をゆすったりして、こどももとても楽しそう。

聞き覚えのあるメロディが聞こえてくると、
となりにいるお母さんににっこり、お母さんも嬉しくてさらににっこり、
ほほえましいシーンがあちこちに。
倍返しなら、こんなのがいいですよね。(^^)

「こどもだけでなく、わたしも本当に気持ちよく過ごさせてもらいました♡」
と、若いお母さんたち。
こちらこそ、です。

粒のそろった気持ちのよい音とリズムで、みんなを上手にのせていってくれたピアニストさんの力量のおかげです。
久安さん、小瀬さん、ありがとう!
今から再演が楽しみです!

演奏された主な曲目:

・ジブリより“となりのトトロ”

・サウンドオブミュージック

・ ブラームス:ハンガリー舞曲

・オッフェンバック:天国と地獄

・ サン=サーンス:動物の謝肉祭

・モーツァルト:トルコ行進曲

DSCN2678

 

出演者紹介:

[ 小瀬 令子(おせ れいこ) ] 国立音楽大学ピアノ科卒業、ドイツ、ハンブルグ音楽院演奏コース修了。 ドイツ青少年のためのオーケストラでチェレスタを担当し、スペイン各地にて 公演を行なう。また、ドイツハンブルグにて東北被災地支援コンサートおよび教会、老人ホームなどで演奏活動を行なう。第19回ペトロフピアノコンクール奨励賞。 これまでにピアノを岡本徳子、古高晋一、河村初音、トリファー・スミス ピアノ及び室内楽をグンデル・デッカルトの各氏に師事。

[ 久安 麻悠 (ひさやす まゆ)] 国立音楽大学ピアノ科卒業。アンサンブル・ピアノ・コース終了。 これまでに、ピアノを山口英美、林貴子、谷藤礼、高木由雅、河村初音、 声楽を小針絢子、チェンバロを有田千代子、クラリネットを大和田智彦、 伴奏法を平島誠也の各氏に師事。現在、荻窪音楽祭やサロンでの公演を 定期的に行うなど、ソリストや伴奏者として活躍の場を広げている。 「クラシックライブを楽しむ会」会員。