もっとわくわくするような音楽を!サロンみぎわのミニコンサート

Bravo! 室内楽の楽しさを満喫!(フルートアンサンブル)

梅雨空にもかかわらず、たくさんのお客さまがお越しくださった、フルートアンサンブル。

今回は、フルートにヴィオラとピアノを加えてという、なかなか無い編成。

どうなることか、と興味深々でしたが。

すばらしかったです!

モーツァルトの2台のピアノのためのソナタを、フルートとヴィオラが旋律を奏でる形でやるなんて、びっくり!

でも、音色も音の出方も異なる2つの楽器が、生き生きと動きながら、胸のすくようなアンサンブルをつくりあげていました。

この2つの楽器を十二分に生かしながら、実にクレバーに音を織り込んでいった、ピアニストの力量も相当なもの。

かと思えば、それぞれのソロ部分もとてもよかった。

いつもトップノートを奏でるフルートは言うまでもないのですが、

日ごろじっくり聴く機会のないヴィオラの魅力を前面に出した、シューマンのロマンス、

美しかったです。

ピアノソロの、ドビュッシーの「雨の庭」は、まさに今日のための曲。

ドビュッシー弾きは多いけれど、雨の日の詩情をこんなに豊かに表現できる人は、そう多くはありません。

いい演奏会でした。

「ほんとうによかった!また聴きたいです!」お帰りになるすべての方が、お声をかけていってくださいました。

吉崎さん、武井さん、久安さん、

すばらしい午後をありがとう!

おもな曲目

・「歌の翼に」幻想曲 メンデルスゾーン

・エコー ケーラー

・雨の庭 ドビュッシー

・サラバンド&リゴドン フット

・2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K448より 第一楽章  モーツァルト

・ロマンス Op.94より 第1,2楽章 シューマン

左から久安さん、吉崎さん、武井さん。演奏を終えて、歓びの中で

 


Comments are closed.