もっとわくわくするような音楽を!サロンみぎわのミニコンサート

ピアニストとピアノの関係・・

サロンのピアノはYAMAHAなのですが、欧州仕様。

ゆえあって1990年代前半にベルギーで暮らしていたときに購入し、帰国に伴い日本に里帰りしました。

C6という、やや細長型で日本にはあまり普及していない形。

昔ながらの象牙鍵盤。

そんなこともあって、ヨーロッパで暮らしていた演奏者さんには、
何か懐かしい感じを起させるのだそうです。

この間演奏して下さった奏者さん、

「どんなに私がこのピアノが好きか、その気持ちがお客さんに伝わっているかしら、
と思いながら弾いていました」

そんな風に言ってもらえて、ピアノも幸せだったことでしょう。
いい音出していました。

演奏者さんによって、驚くほど多様な音で反応します。

ピアノの状態を整えてくれるのは、調律師のAさん。
20年来うちの子を見守り、ベストが出せるよう励ましてくれています。

調律師のAさん
お世話になってます。

多くの方の支えや助けを得て、コンサートが続けられ
美しい音色を皆さんと共有できること。

稀有な幸せです。

美しい差し入れをいただいて


Comments are closed.