もっとわくわくするような音楽を!サロンみぎわのミニコンサート

いよいよ・・5/12(土)15:00 南部由貴 ピアノリサイタル

ウィーン国立音楽大学のピアノ科を最優秀で修了し、日本での活動を開始した南部さん。
昨秋初めて当サロンでその力量を発揮、満場のお客様をすっかり魅了してしまいました。

そして・・忙しいスケジュールの合間を縫って、今度はソロで演奏して下さることに!

当サロンのちょっと古風なピアノの音や、高い天井から降りてくる音色、
そして互いの息遣いを感じながら、音を通して交わりが得られる、
サロンならではのお客様との距離感。

そんなものが、南部さんの演奏意欲をとても刺激したようです。

曲目は、そんな彼女が大切にしている曲、5月という季節にふさわしい曲を選んで。

バッハ: フランス組曲 第5番 ト長調
モーツァルト: ピアノソナタ 第12番 へ長調

◎◎◎休憩◎◎◎

シューマン: 子供のためのアルバム 作品68より
第13番 愛しい5月、お前はまたやってきた
シューベルト: 即興曲 作品142より 第2番
ショパン: ノクターン 第2番、第7番
ブラームス: ピアノのための小品 作品118より 第2番
クライスラー/ラフマニノフ編曲: 愛の悲しみ

以前南部さんの演奏を聴いた方が言っておられました。

「若い女性ピアニストはたくさんいて、皆さん技術的に素晴らしいけど、
音楽を聴いていて、豊かさを感じる人はあまりいないんですよね。
南部さんは、お若いけれど、あたたかで豊かな音色とゆったりとした構えを持っておられる。
音楽の良さを十二分に、楽しんで伝えてくれるので、
彼女の演奏を聴いていると、とても幸せな気分になります」

この方、神奈川県のオーケストラをサポートする仕事をされ、
いわば、聴き手のプロ。

そんな彼女のピアノを弾きながら、週末のひとときを過ごしてみませんか?
お待ちしています!

チケットは前売3,000円(当日3,500円)、学生2,000円。茶菓付。

・お申し込み・お問合せはこちらから

心洗われる音色・・・南部さん


Comments are closed.