もっとわくわくするような音楽を!サロンみぎわのミニコンサート

ブラボー! 9/30(日)15:00 エキサイティング・クラシック! 

トリオの迫力、息の合ったアンサンブルにぞくっとするほど。

台風来襲直前のコンサートながら、楽しみに集まったお客様多数。
その熱気に応えるような名演で、終演の瞬間には「ブラボー!」が飛びました。

メンバーは、大阪フィルのコンサートマスター、須山 暢大さん、ハンガリー国立歌劇場オーケストラのチェロ奏者、橋本專史さん、京都、大阪をベースに活躍中のピアニスト、山路昌平さん。

ご友人の井阪美恵さんのコンサートを聴きに来て、すっかりサロンの雰囲気を気に入って下さった山路さん。とんとん拍子に話が進み、コンサート開催の運びとなりました。

演奏者さんもすっかり会場を気に入ってくださり、再演の運びとなりそう。
今回聞き逃した方、どうぞ次回はご一緒に!

===

今回の曲目

ハイドン  :ピアノ三重奏曲 第39番 ト長調
ロッシーニ :ロジーナのアリア
ポッパー:   ハンガリー狂詩曲
メンデルスゾーン  ピアノ三重奏曲第1番ニ短調
他(曲目は変更される場合があります)

山路さんは、演奏のかたわら『百万人のクラシックライブ』という活動を率いておられます。
http://1m-cl.com

要望があれば、可能な限りどこでもクラシック音楽のライブを届けます!という、
音楽のメッセンジャーのような、素敵なお仕事。
たくさんの人たちを音楽の楽しさの渦に巻き込みたい!と、熱い情熱を語ってくれました。

・お申し込み・お問合せはこちらから

チケットは3,000円*(学生1,500円)茶菓付

須山さん

須山 暢大(ヴァイオリン)

都立芸術高校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。第1回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール第2位。シオン・ヴァレ国際ヴァイオリンコンクール入賞。ヴァイオリンをG・フェイギン、石川静、G・プーレ、山口裕之、S・アシュケナージ各氏に師事。 ソリストとしてセントラル愛知交響楽団、藝大フィルハーモニア、東京室内管弦楽団、Shlomo・Mintz指揮 Orchestre Dohnanyi Budafok、Spirit of Europe等と共演。
これまでに、サイトウキネンオーケストラ、紀尾井シンフォニエッタ、赤穂国際音楽祭プレコンサート、姫路国際音楽祭プレコンサート等多数出演。エピス・クァルテットとしてベートーヴェン弦楽四重奏曲後期作品シリーズを毎年開催。
日本各地の主要オーケストラにコンサートマスターとして客演した後、2018年大阪フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターに就任。

山路さん

山路 昌平 (ピアノ)

東京都立芸術高校ピアノ科を経て洗足学園音楽大学ピアノコース卒業。佐竹美知子、本多昌子、関根由喜江、杉本安子、山本光世の各氏に師事。日本ピアノ教育連盟主催第22,23回ピアノオーディション奨励賞。社団法人日本ピアノ調律師協会第11回新人演奏会にて東京文化会館小ホールで演奏。現在ピアノ教室「ソナーレの会」で指導。横浜こども専門学校非常勤講師。100万人のクラシックライブ スタッフ兼ピアニスト。

 

橋本さん

橋本專史(チェロ)
愛知県豊田市出身。3歳よりチェロをはじめる。普通高校を経て東京芸術大学音楽学部器楽科に入学。和歌山音楽コンクール、大阪国際コンクールで入賞。2014年リスト音楽院修士課程修了。ハンガリーデヴレツェンドホナーニコンクール入賞,イタリアConcorso Luigi Zanuccoli第三位。これまでに愛知県豊田フィルと協奏曲演奏、ハンガリー国内ではコンチェルトブダペストはじめ多くのオーケストラでエキストラを勤める一方、ハンガリー国立歌劇場オーケストラに2017年9月まで在籍して現在に至る。

 


Comments are closed.