サロンみぎわ(コンサート)

もっとわくわくするような音楽を!サロンみぎわのミニコンサート

2019年6/30(日)15:00 ピアノ/サックスデュオ あのかけがえのない時をもう一度

ピアニストの藤本剛さんが、気鋭のサックス奏者、木村有沙さんと心に残る素敵な曲をセレクトして聴かせてくれます。しっとりした雨模様の日々には、少し切ない昔の想い出がよみがえるもの。心に寄り添う演奏をお楽しみに!

チケット代は2,500円(大学生以下1,500円)茶菓付。
主な曲目(曲目は変更されることがあります)
前半
・愛の挨拶
・美女と野獣メドレー
・スカラムーシュ

後半
・ カーペンターズ:青春の輝き
・ ドヴォルザーク:家路
・ピアソラ:アディオスニーノ
・クララ・シューマン:3つのロマンス
・シューマン:献呈 リスト:メフィスト・ワルツ
お問合せ、お申し込みは
http://salon-migiwa.com/application/
または090-1736-9165まで

出演者から♬
日曜の午後、お子さんからおとなまで楽しめるプログラムにしてみました。
前半はお子さんも知っている曲を中心に、後半はおとなたちの青春時代の喜び、切なさがこみあげてくるような名曲たちです。
後半で取り上げるシューマンはクララとの結婚に際し、クララの父から何とも汚いやり方で大反対を受けていました。ようやく成就した結婚の喜びを歌った『献呈』、女流作曲家クララのロマンス、同時代に親交があったリストの作品を中心にお送りします。

そして今回は珍しいサックスとピアノのデュオです。サックスは発明されてから180年ほどしか経っておらず、まだクラシックのコンサートで取り上げられる機会が多くない楽器です。 しかし今、世界中のサックス奏者達が、どんな音が出るか、どうしたら魅力な演奏ができるかと試行錯誤をしている無限の可能性を持った楽器でもあります。今回はそんなサックスとピアノの様々な色合いの音楽に乗せて、音楽の魅力をお伝えしたいと思っています。


2019年9/23(月・祝)16:00 ジャズテイスト・クラシック(仮題)

これがクラシック⁉ いつもスリリングな演奏を聴かせてくれる若手演奏家シリーズ。
『百万人のクラシック』の活動を通じて、各地の優れた演奏家との交遊が広い山路さんが、今回はサックスの田中拓也さんを伴い登場します。
お問合せ・お申し込みは
http://salon-migiwa.com/application/
または090-1736-9165まで

田中 拓也(サックス)さんのプロフィール
東京藝術大学音楽学部および同大学院修了。 第8回ジュニアサクソフォンコンクール第1位。  第25回日本管打楽器コンクール第1位、並びに特別大賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞を受賞。 第3回ジャン=マリー・ロンデックス国際サクソフォンコンクールセミファイナリスト。 第6回アドルフサックス国際コンクール入賞。 >> 優秀学生顕彰事業大賞受賞。 >> 第81回読売新人演奏会、第8回日本サクソフォン協会新人演奏会出演。 >> 東京藝術大学在学中アカンサス賞受賞。 >> ソリストとして、梅田俊明指揮日本フィルハーモニー 交響楽団、ジョルト・ナジ指揮芸大フィルハーモニー と共演。 >> サクソフォン初の「紀尾井ニューアーティスト・シリーズ」に出演し好評を博す。 >> サルヴァトーレ・シャリーノ作曲「海の音調への練習曲」にソリストとして参加。 >> 題名のない音楽会、NHKFM「名曲リサイタル」NHK BS「クラシック倶楽部」等、テレビや雑誌、ラジオに出演。 全国各地で様々なコンサートをおこなう。 >> また、ジャズプレイヤーとの共演も数多くおこなう。  

2019年4月20日(土)15:00 ヴァイオリン・チェロ・ピアノ三重奏

9月の初コンサート、12月のチェロライブの大好評に応えて、身震いするような室内楽アンサンブルがまた新たなプログラムをひっさげて登場してくれます!

プログラム
ブラームス  :スケルツォ
サン=サーンス   :白鳥
シューマン  :アダージョとアレグロ
ブラームス  ピアノ三重奏曲第1番

クラシックファンでなくても振り向かせてしまう迫力と音色の美しさ。
逗子のもっとも美しい季節にぴったりの選曲で、日々の忙しさを忘れるひとときとなりそうです。

最大の魅力は至近距離で見られる演奏者のパフォーマンスと、高い天井から降ってくるような美しい音色。癒される、と皆さんとても喜んでくださいます。

はじめてのかたも、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
個人宅のため、正確な住所と道順は、ご連絡をくださった方に直接ご案内致します。

ヴァイオリン 堀脩史
チェロ 橋本專史
ピアノ 山路昌平

チケットは3,000円(学生2,000円)

・お申し込み・お問合せはこちらから

チェロ 橋本さん

ピアノ 山路さん

ヴァイオリン 堀さん

2019/3/16(水) 15:00ヴァイオリン・ピアノデュオ

エキサイティングクラシック・シリーズ ヴァイオリン/ピアノデュオ。
大阪フィルコンマスの須山さんが、お気に入りの室内楽曲を携え、再来演! 繊細さとダイナミックさを併せ持つ、いま旬のヴァイオリニストの演奏を間近で聴けるチャンスをお見逃しなく! デュオパートナーは、今回初登場の中野友裕さん。お楽しみに!

曲目
シューマン: 幻想曲(クライスラー編)
マスネ:タイスの瞑想曲、ニューシネマパラダイスメドレー等、ヴァイオリンならではの美しい小品集

チケットは3,000円(学生2,000円)
ご連絡先は090-2629-9344または
・お申し込み・お問合せはこちらから

2019/2/23(土) 冬、篠笛が流れるとき

30人を超すお客様が、篠笛の音色と絶妙のアンサンブルに夢中になりました。

曲目一覧をご希望の方、メールにてお伝えします。
サロンサイトにてお問合せください。

お申し込み・お問合せはこちらから

2019/2/23(土) 冬、篠笛が流れるとき

日本篠笛界に新しいトレンドをもたらした第一人者、村山二朗さんが、
久しぶりにあの美しい音色を聴かせに来てくださることになりました!

この度演奏生活30周年を迎えられた二朗さん。
音にも境地にも、一層磨きがかかり、「君の名は」など映画界や、「フラメンコ曾根崎心中」など演劇・舞踊の世界でも、篠笛といえば二朗さんに依頼が来る状態。

その忙しさの中で、今回は季節シリーズの第4弾ということで、冬にサロンでの演奏をお引き受けくださいました。

チケットは3,000円(茶菓付)

篠笛の息遣いがすぐ傍に聞こえる、小ホールならではの音の贅沢をどうぞご一緒に!

二朗さん、最新レコーディング風景

 

加藤さんの繊細なタッチが篠笛の音色をいっそう引き立て・・

市川さんの絶妙パーカスは、ひとの持つ心のリズムを呼び起こしてくれます

12/2(日)15:00 チェロ・ライブ~暖炉の傍でいい音を 入場無料!

9/30の室内楽コンサートで素晴らしいチェロを聴かせてくれた橋本さんが
会場の雰囲気を気に入って、この秋急きょ再登場くださることになりました!

身体の奥に響く、深く美しい音を楽しみにいらしてください。

今回は多くの方にサロンの場所や響きを知っていただくため、
気軽にお寄りいただけるよう、橋本さんのご協力により、
1時間休憩なしのライブ形式で行います。
入場無料です。定員30名。

お散歩のついでに、週末のお楽しみに、どうぞのぞきにいらしてください。

曲目
・バッハ:無伴奏チェロ組曲1番 ₍約20分)
・クリスマスメドレー(8分)
・コダーイ:無伴奏チェロ・ソナタ3楽章 (12分)
人気の高いバッハの無伴奏チェロ曲の1番、間近に迫ったクリスマスの雰囲気に満ちたメドレー、そして、橋本さんのこの間までの演奏の場所であったハンガリーの作曲家コダーイの、なかなか演奏される機会がないチェロソナタと、初めての方でもチェロ好きな方でも、惹きつけられてしまう選曲です。
準備の都合上、ご参加くださる方は前日12月1日(土)の18時までにお知らせください。
なお、事前に満席になってしまった場合には、入場をお断りすることがあることをご了承ください。お申し込みはお早めにどうぞ。
お目にかかれることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

ブラボー! 9/30(日)15:00 エキサイティング・クラシック! 

トリオの迫力、息の合ったアンサンブルにぞくっとするほど。

台風来襲直前のコンサートながら、楽しみに集まったお客様多数。
その熱気に応えるような名演で、終演の瞬間には「ブラボー!」が飛びました。

メンバーは、大阪フィルのコンサートマスター、須山 暢大さん、ハンガリー国立歌劇場オーケストラのチェロ奏者、橋本專史さん、京都、大阪をベースに活躍中のピアニスト、山路昌平さん。

ご友人の井阪美恵さんのコンサートを聴きに来て、すっかりサロンの雰囲気を気に入って下さった山路さん。とんとん拍子に話が進み、コンサート開催の運びとなりました。

演奏者さんもすっかり会場を気に入ってくださり、再演の運びとなりそう。
今回聞き逃した方、どうぞ次回はご一緒に!

===

今回の曲目

ハイドン  :ピアノ三重奏曲 第39番 ト長調
ロッシーニ :ロジーナのアリア
ポッパー:   ハンガリー狂詩曲
メンデルスゾーン  ピアノ三重奏曲第1番ニ短調
他(曲目は変更される場合があります)

山路さんは、演奏のかたわら『百万人のクラシックライブ』という活動を率いておられます。
http://1m-cl.com

要望があれば、可能な限りどこでもクラシック音楽のライブを届けます!という、
音楽のメッセンジャーのような、素敵なお仕事。
たくさんの人たちを音楽の楽しさの渦に巻き込みたい!と、熱い情熱を語ってくれました。

・お申し込み・お問合せはこちらから

チケットは3,000円*(学生1,500円)茶菓付

須山さん

須山 暢大(ヴァイオリン)

都立芸術高校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。第1回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール第2位。シオン・ヴァレ国際ヴァイオリンコンクール入賞。ヴァイオリンをG・フェイギン、石川静、G・プーレ、山口裕之、S・アシュケナージ各氏に師事。 ソリストとしてセントラル愛知交響楽団、藝大フィルハーモニア、東京室内管弦楽団、Shlomo・Mintz指揮 Orchestre Dohnanyi Budafok、Spirit of Europe等と共演。
これまでに、サイトウキネンオーケストラ、紀尾井シンフォニエッタ、赤穂国際音楽祭プレコンサート、姫路国際音楽祭プレコンサート等多数出演。エピス・クァルテットとしてベートーヴェン弦楽四重奏曲後期作品シリーズを毎年開催。
日本各地の主要オーケストラにコンサートマスターとして客演した後、2018年大阪フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターに就任。

山路さん

山路 昌平 (ピアノ)

東京都立芸術高校ピアノ科を経て洗足学園音楽大学ピアノコース卒業。佐竹美知子、本多昌子、関根由喜江、杉本安子、山本光世の各氏に師事。日本ピアノ教育連盟主催第22,23回ピアノオーディション奨励賞。社団法人日本ピアノ調律師協会第11回新人演奏会にて東京文化会館小ホールで演奏。現在ピアノ教室「ソナーレの会」で指導。横浜こども専門学校非常勤講師。100万人のクラシックライブ スタッフ兼ピアニスト。

 

橋本さん

橋本專史(チェロ)
愛知県豊田市出身。3歳よりチェロをはじめる。普通高校を経て東京芸術大学音楽学部器楽科に入学。和歌山音楽コンクール、大阪国際コンクールで入賞。2014年リスト音楽院修士課程修了。ハンガリーデヴレツェンドホナーニコンクール入賞,イタリアConcorso Luigi Zanuccoli第三位。これまでに愛知県豊田フィルと協奏曲演奏、ハンガリー国内ではコンチェルトブダペストはじめ多くのオーケストラでエキストラを勤める一方、ハンガリー国立歌劇場オーケストラに2017年9月まで在籍して現在に至る。